水漏れ修理は一刻を争うものです|一秒でも早く直す

蛇口からの水漏れ対処法

水道

蛇口の部品には寿命がある

日本では一部の離島を除いて上水道が普及しており、水道に関しては世界でも高い水準にあります。飲料水として利用できる水質の良さも世界トップクラスです。蛇口をひねればいつでも飲料水が手に入るのですから、世界でも恵まれた環境にあるのです。そんな水道の蛇口も何百回何千回と回しているうちには、部品がどうしても劣化してきます。特にハンドル下のナットにあるパッキンや内部のケレットという部品は劣化しやすく、水漏れの原因になりかねません。パイプの付け根や蛇口取付部分も緩みやすいため、水漏れがよく発生します。蛇口を構成するそれらの部品には寿命があるため、長年使っているうちに劣化してしまうのは仕方がないことです。一般に蛇口自体の寿命は10年から20年程度と言われています。水道を頻繁に使う家庭だと、早ければ10年ほどで蛇口を交換する必要が出てくるのです。今はまだ発生していなくても、交換から10年を過ぎた蛇口ではいつ水漏れが起きるかわかりません。そのため住宅に関するトラブル例でも、特に水道修理への依頼が多くなっています。水は生活に欠かせないだけに、水回りのトラブルに対しては迅速な対処が求められるのです。

水漏れ原因特定と部品交換

水道修理のポイントはまず原因個所を特定することにあります。蛇口を元に戻しても水が止まらない場合、どの部分で水漏れが起きているのかによって修理方法が異なるのです。ホームセンターでは蛇口本体をはじめ、各部品単位でも売られています。器用な人なら自分で原因を突き止めた上に水道修理もやってのけます。しかしながらそういう作業は誰にでもできるわけではありません。通常は原因個所を突き止めるのに蛇口を分解する必要があるため、水道に関する知識や工具も必要になります。部品を交換した後には微調整も欠かせません。そうした作業が難しい人でも、水道修理業者に依頼すればトラブルを解決できます。料金はかかりますが、プロの業者ならきちんと微調整までしてくれるのです。水回りは生活に欠かせない大切な設備ですから、安心して水道を使い続けるためにも修理はプロに任せた方がいいでしょう。水道修理業者は蛇口の水漏ればかりでなく、さまざまな水道トラブルに対応しています。厄介な水洗トイレの詰まりや排水管からの漏水・悪臭対策など、数々のトラブルを解決しているのです。いざというときのためにも水道修理業者の連絡先はメモしておきたいものです。