水漏れ修理は一刻を争うものです|一秒でも早く直す

音のトラブルを避けるには

部屋

防音リフォームの効果

ピアノや吹奏楽など楽器演奏を趣味とする人にとって、上達のためには日常的な練習が欠かせないものです。子供に楽器の習い事をさせている家庭でも、家で都合のいい時間に練習できれば上達が早くなります。そのため自宅に本格的な楽器を用意して自宅で練習している人も少なくありません。一方では都市部を中心に住宅環境の過密化が著しいため、楽器演奏には近隣の迷惑にならないよう注意が必要です。特にマンションのような集合住宅では騒音トラブルにも発展しかねません。周辺に配慮しながら小さい音で練習をしていても、思うように上達できないこともあります。そんな問題の解決方法として、楽器練習のための防音室を作ることが考えられます。最近では組み立て式の比較的安価な防音室も登場してるため、リフォーム工事も不要のように考えられがちです。ただしそうした組み立て式の簡易防音室は必ずしも遮音効果が高いとは限りません。ピアノやドラムのように大きい音が発生する楽器の練習には不安もあります。本格的な防音室を設置しようと思えば、やはりそれなりのリフォームも必要です。ある程度費用をかけた防音工事によって、楽器練習にも安心して打ち込めるのです。

D値が高いほど遮音に効果

遮音性能を知るための目安となる数値の1つに、D値というものがあります。このD値が大きければ大きいほど遮音性能が高いのです。防音工事のリフォームを実施する際には、D-65クラスが最も効果の高い防音室とされています。D-65を実現させるためには、125Hzから4KHzまでの6つの周波数帯で一定の音減退量がなければなりません。一般に組み立て式の防音室ではD-30からD-40の製品が多いと言われています。防音工事には遮音効果と費用がある程度比例するものです。使用する楽器に応じて必要とされるD値を決め、費用との折り合いをつけるといいでしょう。周辺の環境や住宅の構造によっても必要とされるD値は変わってきます。費用は防音室の広さによっても変動します。できるだけ安い費用で高い遮音効果を手に入れようと思えば、防音室が1畳前後のような狭い部屋になってしまいます。少しでも広い環境で楽器の練習に励むためには、ある程度の費用をかけてゆったりとした防音室にしたいところです。防音窓を設置したりエアコンや換気扇を取付けたりすることでも部屋は快適になります。長時間使用する防音室ほど内装にもこだわりたくなるものなのです。